産学連携による介護ロボットの開発・普及を目指し、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」を活用

報道関係者各位
プレスリリース

2013年10月4日
株式会社テッキン

産学連携による介護ロボットの開発・普及を目指し、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」を活用

mainimg

株式会社テッキン(本社:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301、代表者:渡邉涼一 / 家入一真)は、9月11日より千葉工業大学と連携し、産学連携による介護ロボットの開発・普及を目指し、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」を活用するプロジェクトを企画合意しました。

1、連携の趣旨
ロボット技術にイノベーションの基盤としての期待が寄せられる昨今、様々な分野でのロボット技術導入が進んでいますが、特に介護分野において急速な高齢化、介護士の人材不足に悩まされながらも、まだまだロボット技術の社会実装が進まないのが現状です。

そのような中、本プロジェクトでは急務にもかかわらず導入の進まない介護支援目的のロボット開発をより促進するため、千葉工業大学がNEDO特別講座の中で行う社会実装コンテストにおいてワークショップを行い、産学連携プロジェクトの成果物をモノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )にて全世界に公開し、共有して行くことを企画合意しました。

2、ワークショップ概要
・千葉工業大学の学生5名を1チームとし、数チームが参加予定。
・藤田氏(株式会社日本介護福祉グループ 会長)、飯塚氏(特定非営利活動法人もんじゅ代表)を中心とした介護業界の専門家から「現状の課題」や「こんな介護機器あったらいいのに」というアイデアをヒアリングする。
・学生チームを中心に課題解決方法を考察し、未来の介護機器アイデアをまとめ、開発設計を行う。
・2カ月を1サイクルとし、成果物を完成させ関係者の前でプレゼンテーションを行い、成果物をTECSHARにて共有する(設計図、画像、専門家からのコメント、課題等)

3、ワークショップ開催日程
2013年10月下旬・・・第一回設計
2013年11月下旬・・・ラフ画、設計図製作、関係者フィードバック実施
2014年1月中旬・・・プロトタイプ発表、関係者フィードバック実施、TECSHARへ共有。

4、TECSHARが連携する意義
アナログだったモノづくりが、3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションツールの普及により低価格化し、誰でも簡単に試作造形できるようになりました。

しかしながら、まだまだモノづくりを支援する情報やノウハウは少なく、担い手も少ないのが現状です。そこで私達は、全ての人たちがモノづくりの楽しさを手に入れられるように、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )の開発を行っています。

モノづくりの技術がテックレシピにて公開、シェアされる事により、友達にガジェットを作ったり、恋人にプレゼントを作ったり、子供におもちゃを作ったり、そんなモノづくりが加速して行くと私達は考えています。

そんな中、ソーシャルの集合知を用いたオンラインコラボレーションは、これまで科学者が10年に渡ってとけなかったタンパク質構造を10日以内に解明(2011年のFolditによるたんぱく質構造予測)するなど様々な成果を出しています。今回の連携によって、TECSHARに共有された様々な技術がシェアされ、介護機器開発が新しいフェーズへ変わる一助になればと考えています。

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301
代表者:渡邉 涼一 / 家入 一真
HP:http://tecshar.com/

■大学概要
大学名:千葉工業大学
所在地:千葉県習志野市津田沼2-17-1
HP:http://www.it-chiba.ac.jp/

■用語補足説明
NEDO特別講座・・・NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)プロジェクトの成果を普及させるために、体系的な講座実施を委託するもの。本件はロボット技術経営の一つとして千葉工業大学が受託したものである。

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:info@tech-in.jp

1,000を超える様々な3Dデータがシェアされている「TECSHAR(テックシェア)」に DMM3Dプリントと連携した3Dデータのプリント注文機能が付きました。

報道関係者各位
プレスリリース

2013年8月21日
株式会社テッキン

 

1,000を超える様々な3Dデータがシェアされている「TECSHAR(テックシェア)」に
DMM3Dプリントと連携した3Dデータのプリント注文機能が付きました。

 株式会社テッキン(本社:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301、代表者:渡邉涼一 / 家入一真)は、DMM3Dプリントと連携し、3Dプリンターが無くても「TECSHAR(テックシェア)」(http://tecshar.com/ )の3Dデータをその場で様々な材質の中から注文できる3Dプリント注文機能を実装したことをお知らせいたします。

1、TECSHARの3Dデータ注文機能について

 3Dプリンタでモノづくり「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )には、現在1000を超えるレシピが集まっていますが、これまでは自宅に3Dプリンターをお持ちでないユーザーの方はデータの印刷をすることができませんでした。

 そこで今回、DMM3Dプリントと連携しレシピの”価格”ボタンから材料に応じた印刷の仮注文を行う事ができるようになりました。これにより、どなたでもその場で石膏(カラー)、ナイロン(カラー)、アクリル樹脂(カラー)、シルバー、チタンなど様々な材質の中から3D造形を1週間前後と、海外他社より短納期で行えるようになりました。

 

2、TECSHARの3Dデータ注文機能の使い方について

 3Dデータ注文機能は下記の3ステップで簡単に注文可能です。

Step1) TECSHARより、好きなレシピを選ぶ

Step2) レシピの3Dデータの”価格”ボタンを押す(データの体積などは”3Dモデルビューア”ボタンで確認できます)

Step3) お好みの材質を選び”注文”ボタンを押す

2、今後のリリース予定

 TECSHARはリリースからの2カ月で、タグ検索機能やスマホでのレシピ閲覧、今回の3Dプリント機能などを実装しましたが、今後は、検索機能の充実やレシピ投稿部分のユーザビリティの向上、UIUXを向上させるデザインのアップグレードを予定しています。

■プレス画像

TECSHAR ロゴ画像:

TECSHAR TOP画像:

3Dデータ印刷注文画像:

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301
代表者:渡邉涼一 / 家入一真
HP:http://tecshar.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:k.tsukamoto@tech-in.jp

モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」のα版をリリースしました【株式会社テッキン】

報道関係者各位
プレスリリース

2013年6月13日
株式会社テッキン

モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」のα版をリリースしました。

mainimg

 株式会社テッキン(本社:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301、代表者:渡邉涼一 / 家入一真)は、本日、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )のα版をリリース致しましたので、お知らせいたします。

 

1、TECSHAR α版の機能

 モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )のα版では、現在下記の機能を実装しており、日々機能を追加中です。

・ユーザー登録機能
・テックレシピ投稿機能
・テックレシピ閲覧機能
・3Dデータアップロード機能
・3Dデータダウンロード機能

2、TECSHAR α版リリースの経緯

 アナログだったモノづくりが、3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションツールの普及により低価格化し、誰でも簡単に試作造形できるようになりました。

しかしながら、まだまだモノづくりを支援する情報やノウハウは少なく、担い手も少ないのが現状です。そこで僕らは、全ての人たちがモノづくりの楽しさを手に入れられるように、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR(テックシェア)」( http://tecshar.com/ )の開発に着手しました。

 

 モノづくりの技術がテックレシピにて公開、シェアされる事により、友達にガジェットを作ったり、恋人にプレゼントを作ったり、子供におもちゃを作ったり、そんなモノづくりが加速して行くと私達は考えています。

 

 また、ソーシャルの集合知を用いたオンラインコラボレーションは、これまで科学者が10年に渡ってとけなかったタンパク質構造を10日以内に解明(2011年のFolditによるたんぱく質構造予測)し、新銀河(ギャラクシー・ズーにおけるグリンピース銀河)を発見するなど様々な成果を出していますが、TECSHARによって様々な技術がシェアされ、モノづくりの敷居が下がる事により、産業革命以降200年続いた大量統一規格による生産方式が新しいフェーズへ変わる一助になればと考えています。

 

3、今後のリリース予定

 今後は、デジタルデータのアップロード、ダウンロード機能やUIUXを向上させるデザインのアップグレードを予定しています。

 

■会社概要

社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル301

代表者:渡邉涼一 / 家入一真

HP:http://tecshar.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:info@tech-in.jp

 

株式会社テッキン、ラフォーレ原宿で行われるインテリアエキシビジョン「場と間」のインスタレーションに技術協力を実施

報道関係者各位
プレスリリース

2013年5月16日
株式会社テッキン

株式会社テッキン、ラフォーレ原宿で行われるインテリアエキシビジョン「場と間」のインスタレーションに技術協力を実施。3Dプリンターを使った新しいモノづくりの世界を表現します。

Antoinette3dp

株式会社テッキンは、顧問であり3Dプリンターの開発、プロダクトのデザインソリューションを行うGenkei.LLC(代表:加藤 大直)と共に、5月22日から(一般公開は24日から)26日までラフォーレ原宿で開催されるインテリアエキシビジョン「場と間」のインスタレーションに技術協力を行い、3Dプリンターを使った新しいモノづくりの世界を表現します。

「場と間」では、入口に配置される株式会社kloka(代表:高橋 晃)様が製作する、横11m、高さ2mのインスタレーションの中心に座する人形の胎内に、カスタマイズされた3Dプリンターを組込み、新しいモノづくりの世界を表現します。

株式会社テッキンは、モノづくりのレシピサイト「TECSHAR」(http://tecshar.com/)によってモノづくりの敷居を下げ、モノづくりの可能性を広げていくとともに、今後も様々な業種の方々とのコラボレーションを実施し、新しいモノづくりの可能性を模索、発見して参ります。また、それらのノウハウを踏まえた「make3(創る、造る、作る)」というワークショップも近日開催予定です。ご期待下さい。

インスタレーション概要>

installation-mainvisual

場と間 “Christmas” CHRISTMAS INSTALLATION 『La Planete Antoinette』

-物語-

革命前夜のフランスは1783年。
マリー・アントワネットの不吉な運命を予見した宮殿の調香師は、王妃の遺伝子をスミレの花の種子に変え、
どこか安全な地で栽培することを考えました。

調香師は、辺境の科学者と”空の引力”を使う兄弟と共に、種子を銀河の果てへと旅立たせることに成功します。

争いのないうつくしい世界を夢見て、、

長い旅を経て辿り着いた惑星で、種はようやく根をはります。
王妃の遺伝子を持ったスミレの花は、
やがて母なる機械=マザー・アントワネットへと成長し
生命溢れる楽園世界を作り出しました。

世界が雪に閉ざされたある日、
街を見下ろす丘の上に静かに眠る “アントワネット” が再び目覚め
ゆっくりと何かを作り始めます。
どうやら、もうすぐこの星に “クリスマス” が訪れるようです。

会期:2013年5月22日(水)~26日(日)※22日23日は招待のみ、24日~26日は一般開放
時間:11:00~19:00※最終日は17:00まで
入場料:一般¥500
会場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)
場と間公式ページ:http://www.batoma.com/

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木3-1-26 6F Partyfactory内
代表者:渡邉涼一 / 家入一真
HP:http://tecshar.com/

社名:Genkei.LLC
所在地:東京都港区東麻布3-2-9 3F
代表者:加藤大直
HP:http://www.genkei-inspiration.com/

社名:株式会社kloka
所在地:東京都港区西麻布1-8-6杉下ビルB1F
代表者:高橋晃
HP:http://www.kloka.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:k.tsukamoto@tech-in.jp

株式会社テッキン、 partyfactory、East Ventures を対象とした第三者割当増資を実施

報道関係者各位
プレスリリース

2013年2月21日
株式会社テッキン

株式会社テッキン、 partyfactory、East Ventures を対象とした第三者割当増資を実施

株式会社テッキン(代表:渡邉 涼一/家入一真)は、この度株式会社partyfactory(代表:家入一真)、East Ventures(パートナー:衛藤バタラ・松山太河)、を引受先とする第三者割当増資を実施した事をお知らせ致します。

モノづくり版レシピサイト「TECSHAR」( http://tecshar.com/ )の開発費及び、モノづくりに特化した教育事業に対する設備、スタッフ採用を目的と致します。

株式会社テッキンは、3Dデータやモノづくりに関連する技術情報を個人個人が投稿し、シェアするモノづくり版レシピサイト「TECSHAR」のα版を2013年2月末のリリースに向けて開発中です。

現在、基礎機能を実装し、仕様詳細を調整している段階です。また、α版リリースの後も、デザインや機能の拡充を次々に実施して参ります。

また、サイト開発と並行し、

・3Dモデリング
・3Dプリンターの基礎概念から自作応用
・Arduino組み込み
・基板実装

など、モノづくりに特化した教育プログラムを準備中です。

株式会社テッキンは、モノづくりに必要な知識を共有し、全ての人にモノづくりの楽しさを伝えるべく活動して参ります。

これまで同様のご支援、御愛顧を何卒よろしくお願い致します。

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木3-1-26 6F Partyfactory内
代表者:渡邉涼一 / 家入一真
HP:http://tecshar.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:info@tech-in.jp

株式会社テッキン、Reprap Community Japan代表加藤氏を顧問に招聘。 モノづくり/3Dプリンタ教育事業に参入。【株式会社テッキン】

報道関係者各位
プレスリリース

2013年2月13日
株式会社テッキン

株式会社テッキン、Reprap Community Japan代表加藤氏を顧問に招聘。
モノづくり/3Dプリンタ教育事業に参入。

 

株式会社テッキンは、3DプリンタデータのオープンソースプロジェクトRepRap Community Japan代表の加藤 大直を顧問として招聘することをお知らせ致します。

重ねて、テッキンは今後モノづくりに関する教育事業に参入することを発表致します。
Reprap(※1) などの3Dプリンタを自作する授業や3Dプリンタを使ったモノづくりセミナーなどを提案して参ります。

※1 Reprapとは、オープンソースによって自作・複製可能な個人で作れる3Dプリンタ です。http://www.reprap.org/wiki/RepRap/ja

 Hironao Kato photo 021313-2

加藤 大直氏プロフィール
RepRap Community Japan代表兼Genkei .LLC代表

ニューヨークにて美術大学卒業後、現地の建築デザインオフィスでプロダクトデザイナーとして、多数のプロジェクトに参加。プロダクトデザインの経験を生かし、デザインから設計まで手がけたオリジナルの3Dプリンターを次々と開発。現在までに開発した3Dプリンターは6種にも及ぶ。2012年には国内初の完全オープンソース3Dプリンター「atom」を発表し、NHK「情報LIVEただイマ!」、フジテレビ「とくダネ!」などメディアに多数出演。今までの製法で成し得なかったデザインプロダクトや3Dプリンターそのものを開発、販売するGenkei.LLC( http://www.genkei-inspiration.com/ )を設立。

 

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木3-1-26 6F Partyfactory内
代表者:渡邉涼一 / 家入一真

HP:http://tecshar.com/

 

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:info@tech-in.jp

モノづくりに必要な事全て -Livertyガジェット部から株式会社テッキンへ-【株式会社テッキン】

報道関係者各位
プレスリリース

2013年2月4日
株式会社テッキン

モノづくりに必要な事全て -Livertyガジェット部から株式会社テッキンへ-

 cropped-tech-in2.jpg

家入一真率いるLiverty( http://liverty.jp/ )は、株式会社テッキンを設立することをお知らせ致します。

代表取締役には渡邉涼一、共同代表として家入一真が就任致します。

2013年2月、モノづくりの可能性にワクワクした僕らは、今回新しい挑戦を始めます。

Livertyガジェット部から株式会社テッキンへ。

モノづくりに必要な事全て TECH-IN!
家を支える鉄筋のように。モノづくりを支える存在になりたい。

僕らがLivertyガジェット部として活動する中で、モノづくりにはITの様なナレッジの共有がまだまだ進んでいないと感じました。僕らが開発を進める中でも、どの部品が効果的か、どのように回路を組めばいいのか、情報はバラバラで多くの費用と時間を費やしました。

それなら、情報が公開されシェアされる場所、そしてモノづくりが加速するような教育の場所を作ってしまおうと考えました。

僕らは今、日々様々なクリエイターとの交流ができるLivertyのオフィスで、モノづくり版レシピサイト「TECSHAR」( http://tecshar.com/ )、モノづくり学校「Tech In Academy(仮)」を開発準備中です。

これまで同様のご支援、御愛顧を何卒よろしくお願い致します。
僕らの挑戦、はじまります。

 

引き続き仲間も募集中です!

logo

■会社概要
社名:株式会社テッキン (英名:Tech in Inc.)
所在地:東京都港区六本木3-1-26 6F Partyfactory内
代表者:渡邉涼一 / 家入一真
HP:http://tecshar.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社テッキン
担当者名:塚本貢也
連絡先:info@tech-in.jp